人気のダイビングスポット渡嘉敷島。沖縄

シュノーケリング・ダイビングの国内最大のスポットといえば…沖縄ですよね。

沖縄の海の魅力を存分に味わいたいなら…、本島以外の海も体験しないと!

例えば、沖縄本島から西方に32キロ、東シナ海に浮かぶ渡嘉敷島は、人口約740人だけの、非常に小さな島です…。

本島から高速船が毎日運行していて、移動時間は約35分と非常に短時間。

ちょっと足を伸ばして…、という気軽な感覚で訪れることも可能です。

有名なのが、阿波連ビーチとトカシクビーチ!

真っ白な砂浜に、ブルーに輝く海のコントラストは…、まさに沖縄!

また、渡嘉敷島は比較的山がちな地形なので、展望台などのビュースポットが多数あるのも魅力の一つでしょう。

さてさて、渡嘉敷島のダイビングの特徴は、浅瀬のサンゴとカラフルな熱帯魚!

細長い嶋の周囲に幾つかのポイントが有り、サンゴ礁にホワイトサンドの海底、そして色とりどりの生き物たちとのひとときを楽しむことができます。

渡嘉敷島の数あるダイビングスポットの中でも、とりわけ人気が高いのが「海人」でしょう。

トカシクビーチ沖にあり、水深は20メートル前後。

ホワイトサンドの海底が広がり、代用の日差しがキラキラと輝きます。

ここには巨大なジャングルジムが沈めてあり、中には多くの魚が生息しています。

また非常に珍しいトウアカクマノミが観察できる数少ないスポットとしても有名でしょう。

とにかく、いろいろな種類の生物がいますから、とにかく沢山の魚を見たい!ということであれば、絶対おすすめのスポットです。

Comments are closed.