初心者にもオススメ!沖縄「水納島」でダイビング

沖縄本島の中でも抜群の透明度を誇る「水納島」は青い海とサンゴ礁に囲まれ、透明度の高い青い海に広がる白い砂地は、「これぞまさに南の島!」といった魅力的なスポットです。

水納島は、沖縄北部の本部半島にある伊江島と瀬底島の間にあり、空から見てみると三日月の形を非常にした小さな島です。

その形がパンのクロワッサンに似ていることから、クロワッサンアイランドとも呼ばれています。

水納島にはまだまだ手付かずの状態の自然も多く残っており、周辺には数多くのダイビングスポットが存在います。

とりわけオススメなのが、島の北部に位置するポイント「ケーブル」です。

砂地のアチコチにガーデンイールを見ることが出来ます。

また、スカシテンジクダイ、キンギョハナダイ、ケラマハナダイ、ヨスジフエダイなどをサンゴ礁の周りで観察することも可能です。

浅瀬のリーフ上でのサンゴ礁は沖縄の中でもトップクラスと言っても過言ではないでしょう。

比較的安全なポイントなので、初心者でも安心して楽しめるスポットとしても評判です。

また、水納島には、ケーブル以外にも、マーメイド、灯台下、ヨスジの根、ポートサイド、イエローフィッシュロックなどなど、魅力的なダイビングスポットがたくさんあります。

初心者の方でも、比較的安心して楽しめるスポットが多いのも特徴で、初心者からベテランまで、多くの人に楽しんで頂ける魅力的なダイビングスポットです。

沖縄で初めてダイビングをするという場合にもオススメといえるでしょう!

関連サイト案内⇒http://www.pref.okinawa.jp/chiiki_ritou/simajima/minna.html

Comments are closed.